メディア

2009年4月 6日 (月)

Habboが仮想グッズの(大きな)売り上げと(わずかな)広告収入で$74Mを昨年達成

リンク: Habboが仮想グッズの(大きな)売り上げと(わずかな)広告収入で$74Mを昨年達成

Habboは仮想経済で実事業を成功させた例として有名だが、売り上げは広告だけでなく、むしろその大部分がユーザたちのお互いのギフトの贈答や、仮想小物類の売り上げだ。
このモデルを成功させている Gree や モバゲーが気にしているの中は、 HABBO よりも コンチやpigg。この分野は日本の方が断然進んでる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽天 vs TBS 最終章

リンク: 楽天 vs TBS 最終章

ともかく、テレビの放送という優位性が揺らいでいる今、製作会社に丸投げの製作体制やリアルタイムに大画面で見る必要の無いバラエティ番組、余計なコメントしかいわないキャスターのニュース番組など、改善していかなければならない部分も多い。もうネット事業を立ち上げて大きな柱としていくには手遅れだし、八方塞がりなのは目に見えているだろう。まあ、残存者利益を取りたいというのであれば、それはそれでかまわないのだが。
TBSは何やらおもしろいことをやろうとしてるみたい。ホント本気にならないとやばいよ。アーカイブスとか見逃しサービスとかでお茶を濁してる場合じゃない。ネット広告人の目線が、ROI どーこうとかにずれてる間にやらないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニコニコ生放送の放送枠が予約可能になりました

リンク: ニコニコ生放送の放送枠が予約可能になりました

番組の放送者が事前に放送枠を予約できる機能です。
1枠30分の放送枠を500ニコニコポイントで、1週間先10枠まで予約することが可能です。予約登録は、ニコニコ生放送TOPページにある「放送する」リンク、または、番組表などにある「この時間で放送する」ボタンをクリックし、予約番組登録ページにて行えます。
どんどん進化していくなぁ。おもしろい。ユーザーコミュニティで盛り上げて、企業参入でうまくマネタイズできるかも。特に制作会社はもうこっちにきた方がいいんじゃない_?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たかた社長のセンス

リンク: ジャパネットたかたのテレビ論

生放送の最大のポイントは、顧客と同じ視線になれることだと高田社長は語る。テレビは双方向メディアではないので、番組はあくまで送り手側の論理でつくられるのだが、テレビを介してお客さんとコミュニケーションを取るしくみをどう入れていくかという視点を持っていなければならない。つまり、「WBC、イチローさん打ちましたねー」とやれるのが重要なポイントなのだという。
この人はやはり凄い、とうならされるコメント。生テレビという共感装置を使って、- その場で販売、さらに - 他媒体への導線を同時に生み出していく。販促とブランディングをいっきにやっちゃってる、というところでは、コーポレートサイトと EC サイトをドッキングさせた新ユニクロウェブサイトと似たコンセプトを感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月29日 (日)

新聞は読者のソーシャルパワーを生かせていない――Gartner調査

リンク: 新聞は読者のソーシャルパワーを生かせていない――Gartner調査.

「新聞社がデジタル化で後れを取っており、未来を革新的にとらえていないとして批判するのは簡単だが、業界の失敗の中には、『自社製品のファンを最高かつ低コストのマーケティングチャネルにする』といった基本の見落としもある」

朝日嫌い、読売嫌い、マイナーな新聞嫌い、経済新聞嫌いなどなど、新聞の購読者は確かにかなり選んで新聞を購読している傾向があるように思われる。新聞社がより独自の主張を持って積極的に情報発信をするという基本姿勢は大事だよね。2chを見ても、mixiを見ても分かる通り、ニュースをネタにディスカッションをするユーザーが増えているこの時代、「どう発信するか」だけではなく、「何を配信するか」ということもより大きな変換点に来ている事を見落としてはならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月23日 (月)

これからは課金ビジネスバブル

リンク: これからは課金ビジネスバブル

基本的に課金ビジネスだから良い悪いというのではなく、ユーザーは実際なぜアイテムなどにお金を払うのか? なぜ必要なのか?など、課金ビジネスそのものの質が大きなポイントになる。
日本のようなモデルがアメリカでどの程度普及していくのか。特に "お金を支払うこと" とユーザーのソーシャルな感覚をうまく取り扱った GREE のように、現地の感覚にあったことができるかが重要。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月18日 (水)

TBSストに思う、下請け制作会社のセーフティネット

リンク: ボーナス2~3割カットに不満 TBS労組が全面スト突入.

TBSの労働組合がボーナスの大幅ダウンを不満として、全面ストライキに入ったことが分かった。民放労連によると、過去に例のない2~3割ほどの大幅カットだという。ストは労働者の権利だが、識者からは、このテレビ不況の中で、むしろ下請けの待遇改善に努めるべきとの意見も出ている。

いっそのこと、下請けが一斉にストをするというのはどうだろう?もちろんそのままでは自殺行為なので、何か彼らにセーフティネットを用意してあげられないものか。例えば番組制作能力はあるのだから、徐々にネット番組の制作にシフトしていくとか。ネット番組の制作もテレビ局の傘の下でやっているようでは何も変わらない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

NHKの新しい試み。ネットと動画共有をどう取り込むか

リンク: NHK、動画投稿サイト「特ダネ投稿DO画」を開設--連動テレビ番組も.

NHKは3月17日、独自の動画投稿サイト「特ダネ投稿DO画」を開設した。視聴者から3分程度の短い映像を募集する。また、撮影時のエピソードや動画の反響を投稿者に取材して10分程度の番組を作成し、放送する。

NHKの新しい試み、特ダネ!投稿DO画。企画としては目新しい所も無く、どうしていきたいんだろう。CGMの良き失敗例になりそうな予感。テレビと組み合わせる事の効果が出せれば次に進める可能性もあるが、どうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 6日 (金)

クリノッペがすごい。GREE 急成長の裏側。

リンク: GREEのクリノッペがすごい理由(踊り子クリノッペ育成記録)

mixiが中国に、モバゲーがアメリカに(あるいは総合ポータル化に)リソースを注ぐ中、
六本木の一室でチマチマと面白いゲームを作り続けるGREEはすごい。

クリノッペのすごさのもう1つは30代・40代の女性を抑えていること。
可処分所得が高いこの層をクリノッペはGREEに連れてきた。
それに対するモバゲーの戦略は「女性向け☆モバゲータウンL」である。

モバイルコンテンツEC という分野で GREE は大きな成果を挙げた。しかも売り切りでなく、ソーシャルグラフ上でワークするコンテンツ販売、という点で GREE はユーザーのことをよくわかっているし、売り方も熟知している。Facebook がソーシャル広告ネットワークでマネタイズにチャレンジしているが、同時にここ日本で起こっていることも非常に興味深い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火)

視聴率に振り回される僕たち

リンク: テレビを面白くするいくつかの奇策.

ワンセグでは視聴率測定ができないというのがもっぱらの意見だが、そんなことはない。テレビの視聴率は専用機器で自動測定しているが、例えばラジオなどの測定は、日記型の記入式である。それでは正確さに欠けるだろうという意見はもっともだが、元来、視聴率というのは、その程度のものなのである。機械式の測定にしたって、自分の家に測定器があるとなると、当然それを意識した視聴になるだろう。またテレビをつけっぱなしで人が見てなくてもカウントされるアバウトさを考えたら、結局はサンプルの数にモノを言わせて平均化するしかないのだ。

本題だけでなく、周辺の話が非常に興味深い。テレビは80%以上録画したものを見て、CMはほとんど飛ばしている自分にとって、どの番組を見たか、CMもちゃんと見たか、という項目が必要かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)