« 音楽にとって、番組が増えること自体は悪いことではない。 | トップページ | 新聞、テレビ、ネット……メディアを分類することに意味はあるのか? »

2009年3月 2日 (月)

だれが「音楽産業」を殺すのか

リンク: だれが「音楽産業」を殺すのか

過去8年の間、ホームエンターテイメントを取り巻く景色は、Per Sundinが考えるより大きく変化を遂げた。そうした変化の一部は、音楽の収益性に劇的な変化をもたらすものであった―どれほどの海賊行為よりも大きな影響を。

音楽のファイル共有と産業の収益下落の関連性が疑わしい理由 8 つ。極端な議論のものはあるにせよ、ポイントを突いており、この 8 つに対して音楽産業はどう答えるのだろうか。

|

« 音楽にとって、番組が増えること自体は悪いことではない。 | トップページ | 新聞、テレビ、ネット……メディアを分類することに意味はあるのか? »

Music Industry」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1157001/28435757

この記事へのトラックバック一覧です: だれが「音楽産業」を殺すのか:

« 音楽にとって、番組が増えること自体は悪いことではない。 | トップページ | 新聞、テレビ、ネット……メディアを分類することに意味はあるのか? »