« メルティングドッツとブルーブリッジ、“読みたい情報だけ”配信するモバイル向けメールサービス「AM6.jp」 | トップページ | だれが「音楽産業」を殺すのか »

2009年3月 1日 (日)

音楽にとって、番組が増えること自体は悪いことではない。

リンク: 春から民放はなぜか音楽番組だらけになる - 速報:@niftyニュース.

「狙いはクイズ番組と同じで経費節減です。新曲の宣伝名目で出演させれば、歌手のギャラはほとんどかからないし、レコード会社も喜ぶ。一石二鳥というわけです。」(マスコミ関係者)

まあプロモーションの場が増えること自体は決して悪いことではない。ただ、音楽ビジネスが直面している問題は、“そこ”ではないので、勘違いしないといいけど。

|

« メルティングドッツとブルーブリッジ、“読みたい情報だけ”配信するモバイル向けメールサービス「AM6.jp」 | トップページ | だれが「音楽産業」を殺すのか »

Music Industry」カテゴリの記事

メディア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1157001/28428988

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽にとって、番組が増えること自体は悪いことではない。:

« メルティングドッツとブルーブリッジ、“読みたい情報だけ”配信するモバイル向けメールサービス「AM6.jp」 | トップページ | だれが「音楽産業」を殺すのか »