« だれが「音楽産業」を殺すのか | トップページ | Email Branding »

2009年3月 2日 (月)

新聞、テレビ、ネット……メディアを分類することに意味はあるのか?

リンク: 新聞、テレビ、ネット……メディアを分類することに意味はあるのか?.

しかしこうして考えてくると、メディアとして新聞、雑誌、ラジオ、テレビ、インターネットという分類そのものに一考の余地があるかもしれない。例えばインターネットの元ネタは新聞であることが多い。つまり新聞がつぶれて元ネタを書く人がいなくなったらインターネットのニュースも消えるのである。

「新聞、テレビ、ネット……メディアを分類することに意味はあるのか?」というタイトルは、大変刺激的かつ、魅力的な切り口だけど、中を読んでみるとちょっと詰めが甘いというか、言葉の使い方が大雑把すぎるなあ。「インターネットの元ネタ」とは何を指しているんだろう?せいぜい「ブログの元ネタ」くらいではないかと思われるし、「元ネタは新聞」については、「元ネタは新聞社のソース(ニュース)」という事と思われる。ここを明確に定義することは非常に重要だと思うんだけどな。まあ今回は導入部であって、次回以降本題なので、本題に期待しよう。

|

« だれが「音楽産業」を殺すのか | トップページ | Email Branding »

メディア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1157001/28435958

この記事へのトラックバック一覧です: 新聞、テレビ、ネット……メディアを分類することに意味はあるのか?:

« だれが「音楽産業」を殺すのか | トップページ | Email Branding »