« 新聞、テレビ、ネット……メディアを分類することに意味はあるのか? | トップページ | 東大生「Google」、早慶ら他大生「Yahoo!」 検索エンジン利用度 »

2009年3月 2日 (月)

Email Branding

リンク: Email Branding

「自分が登録した企業からEmailを受け取るのがいい。毎回Emailを読まないにしても、読みたいときにEmailが来ていることがいい」という回答が2005年の69%から84%にまで急増している。許諾Emailのパワーが明白だ。消費者・ユーザは企業からの情報を待ち受けているのだ。信頼を勝ち取り、メールでの情報提供が消費者とのチャネルを確立している。(中略)
面白いのは男女差だ。企業からのEmailを何度も見返すのは女性が72%だし、後のために保存しておくのも女性が60%だ。

Email Marketing は古典的だが、再度注目すべきチャネルだ。ソリューションもシンプルだ。スパムメールとはすべての点において逆なことをすればいい。読みたい情報だけ”配信するモバイル向けメールサービス「AM6.jp」 もひとつのアイディア。

|

« 新聞、テレビ、ネット……メディアを分類することに意味はあるのか? | トップページ | 東大生「Google」、早慶ら他大生「Yahoo!」 検索エンジン利用度 »

広告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1157001/28438928

この記事へのトラックバック一覧です: Email Branding:

« 新聞、テレビ、ネット……メディアを分類することに意味はあるのか? | トップページ | 東大生「Google」、早慶ら他大生「Yahoo!」 検索エンジン利用度 »