« 絵文字が開いてしまった「パンドラの箱」第1回--日本の携帯電話キャリアが選んだ道 | トップページ | NHK、制作「着手金」支払いへ フジも一部で実施方針 »

2009年2月28日 (土)

ニコ動「時報広告」の販売戦略と、ニコ割「時報」声の主の裏話

リンク: ニコ動「時報広告」の販売戦略と、ニコ割「時報」声の主の裏話

──時報開始後のユーザーの反応を見てどう思いましたか。 

横澤氏:予想していた反応でした。というもの、適度な迷惑を与えないと、トラウマにならないかなと思ったんです。トラウマにすることによって、伝えたいことを深層心理に焼き付けたいと思いました。 

トラウマ。クール。古いニュースだけれど。ニコ割の今の売上とかクライアントのバーティカル構成とか気になるな。

|

« 絵文字が開いてしまった「パンドラの箱」第1回--日本の携帯電話キャリアが選んだ道 | トップページ | NHK、制作「着手金」支払いへ フジも一部で実施方針 »

広告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1157001/28407093

この記事へのトラックバック一覧です: ニコ動「時報広告」の販売戦略と、ニコ割「時報」声の主の裏話:

« 絵文字が開いてしまった「パンドラの箱」第1回--日本の携帯電話キャリアが選んだ道 | トップページ | NHK、制作「着手金」支払いへ フジも一部で実施方針 »