« ソフトバンクとRockyouが合弁会社設立へ | トップページ | ノキア、ノートPC業界への参入を検討--CEOが明らかに »

2009年2月27日 (金)

JASRAC、公取委排除命令に徹底抗戦の構え--「事実認識が誤っている」

リンク: JASRAC、公取委排除命令に徹底抗戦の構え--「事実認識が誤っている」.

放送における使用楽曲の全曲報告については、「NHKや民放キー局、またFMラジオ局などではすでに全曲報告の形が整えられており、ローカル局やAMラジオ局に関しても対応が進みつつある」とし、使用楽曲数に応じた料金徴収を準備している段階だとした。

JASRACの包括徴収は音楽著作権管理業が専業ではない以上、改善しなければならないでしょう。それはJASRAC側も分かっていて、準備が出ているようだけど、アナログな徴収(田舎のカラオケスナックとか)はどうするんだろう。色々非現実的なので、JASRACとA社、B社とあった場合、管理楽曲数で案分するのが現実的な感じがするなあ。その徴収代行をJASRACが行い、徴収手数料をB社、C社から徴収するとか。NTTとその他の通信業者の関係と同じように。

|

« ソフトバンクとRockyouが合弁会社設立へ | トップページ | ノキア、ノートPC業界への参入を検討--CEOが明らかに »

Music Industry」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1157001/28397428

この記事へのトラックバック一覧です: JASRAC、公取委排除命令に徹底抗戦の構え--「事実認識が誤っている」:

« ソフトバンクとRockyouが合弁会社設立へ | トップページ | ノキア、ノートPC業界への参入を検討--CEOが明らかに »